Nature Information

旬の自然情報BLOG

ペレケ川河口にて、カモメ

ペレケ川河口にて、カモメ

コメント (0)

今の時期、冬のカモメたちがどんどん姿を見せています。

一昨日、ウトロ市街の川の河口で見たのはワシカモメというカモメです。

wasikamome

北海道以外では稀な鳥らしいのですが、ここら辺ではごく普通に見ることができます。

港町でよく見るオオセグロカモメに比べ、全体的に薄茶のゴマ模様があるのが特徴的です。

カモメの仲間の識別は難しく、似たり寄ったりの種類が結構あります。

ワシカモメのゴマ模様も、完全な成鳥になってしまうとほとんどなくなってしまいます。

また、夏と冬では羽根の模様が変わるため、ますます複雑です。

 

知床ではオジロワシやオオワシ、フクロウのような大型の鳥たちが人気ですが

カモメも観察していると様々な表情があり、面白いです。

特に砂浜にのんびりと座っているカモメたちの姿は、見ていると心が穏やかになります。

あのつるつるした羽毛にときめいている方も少なくないのでは?

ワシカモメ1

担当:つくし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ