Nature Information

旬の自然情報BLOG

オオワシ乱舞

オオワシ乱舞

コメント (0)

晩秋というか初冬と言いますか、知床は微妙な季節になってきました。

知床五湖も冬期閉鎖され、観光シーズンも一旦終了という感じで訪れる人も少なくなってきました。

ただこの季節になって逆に海外から訪れる者たちがいます。

黒と白の翼を持つ猛禽、オオワシです。

オオワシ02

オオワシは主にオホーツク海沿岸に生息しており、夏はロシアで繁殖し、冬にその一部が北海道に渡ってきます。かつては流氷と共に来る、と言われていたようですが、実際はもっと早く来てるんですね(「しれとこライブラリー① 知床の鳥類」より)。

オオワシは主に魚を食べているので、観察するには水辺を探すことです。

今だったら河口や河川近くの木にとまっていることが多いです。知床の河川にはサケが遡上しているので、オオワシは弱ったサケや死んだサケを食べたり、ときにはヒグマが食べ残したサケを漁ったりしてます。今年はサケの遡上が少ないので、オオワシが食べ物をめぐって喧嘩する姿も見られました。

オオワシ03

オオワシは世界的に見ても希少な鳥です。彼らがこれからも生き続けるには、日本とロシア、朝鮮半島などの生息地が守られなければなりません。日本ではオオワシが死亡する原因として、猟銃の鉛弾を要因とした鉛中毒と、風力発電施設へのバードストライクが問題視されています。

オオワシはどこか遠い国に住む鳥ではありません。約半年ですがまぎれもなく日本の鳥です。オオワシが減少する理由が人間社会にあるのだとしたら、私達はそれを改めなければいけないと思いました。

(担当:ノセ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ