Nature Information

旬の自然情報BLOG

咲くやこの花

咲くやこの花

コメント (0)

知床で真っ先に花を咲かせる樹木は何でしょう。

風媒花ならケヤマハンノキかもしれませんが、虫媒花ならこのナニワズかもしれません。

このナニワズという植物、背は低いですがれっきとした樹木でありジンチョウゲ科に属しています。夏に落葉するという変わった特徴があり、ナツボウズ(夏坊主)の別名もあるとか。

よほど不味いのか毒があるのか、シカの多いところでも生き延びて雪解けとともに可憐な花を咲かせてくれます。

ナニワズ01

漢字で書くと難波津。

ナニワズを見ると、競技かるたの序歌で詠まれる「難波津の歌」をいつも思い出します(競技かるたを題材にした某漫画の影響ですが・・・)。

『難波津に咲くやこの花冬ごもり今を春べと咲くやこの花』

詠んだのは百済から渡来した王仁という人物だと言われています。

ナニワズの名前の由来が難波津の歌と関係あるかどうかはよく分かっていないようです。

ただ雪が解けてまっさきに咲くナニワズにはぴったりの歌だと思いませんか。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ