Nature Information

旬の自然情報BLOG

輪廻の鱒

輪廻の鱒

, コメント (0)

知床の河川ではカラフトマスの遡上が見られるようになりました。

なんか毎年、同じ映像を撮っている気がします。

しかし今、上ってきているカラフトマスは昨年とは違うマスです。

カラフトマスは2年で成熟するので、今のマスたちは2016年に上ってきたマスの子孫と言えるでしょう。

この2年間、マスはオホーツク海で懸命に生き成長し、そして今、最後の旅路にさしかかってます。川に遡上したマスはあと数ヶ月以内に必ず死んでしまいます。

しかし死ぬために川を上るのではありません。命を次世代へと繋ぐためです。

マスの中にはルアーと浮きが体に刺さったものもいました。海にいるときに釣り人から逃げた個体でしょうか(ちなみに河川でのマスの捕獲は法律で禁止されています)。

マスの立場になって考えると、この体で川を上るのは泳ぎにくそうで可哀想に感じてしまいます。

 生き物にはみんな、生まれて死ぬまでの物語があります。彼らが今までどんな生き方をしてきたのか、私達は知る由もありません。ただ艱難辛苦を乗り越えて戻ってきた彼らに私は「おかえり」と言いたいです。

(担当:ノセ)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ