Nature Information

旬の自然情報BLOG

大虎杖

大虎杖

コメント (0)

最近、花が咲いている植物です。

大虎杖と書いてオオイタドリと読みます。または大痛取とも書きます。

オオイタドリはタデ科の多年草で、特徴は大きな葉と背丈が高いことと、よく繁殖することです。

山菜や薬草としても利用され、馴染みの深い植物ですが、やはり繁殖力旺盛で深い藪になるのが厄介なところです。

このオオイタドリ、東アジア原産なのですが、イギリスやアメリカに持ち込まれて繁殖し、外来種として猛威をふるっているそうです。オオイタドリの仲間であるイタドリは世界の侵略的外来種ワースト100(IUCN指定)に入っているそうで、最近の遺伝子の研究によれば欧米のイタドリのルーツは日本にあるようです。

このように外来種といっても海外から入ってくるものだけでなく、日本から海外へ出ていくものもあるという事です。いずれにしても人の責任であるということです。安易に動植物を持ち出したり持ち込んだりしてはいけないということですね。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ