Nature Information

旬の自然情報BLOG

コケの秋がきた。

コケの秋がきた。

コメント (0)

ジャゴケ、漢字で書くと「蛇苔」。
名前の由来は見てのとおり表面がヘビの鱗に似ているからだそうです。なるほど、覚えやすい名前です。

先日、近くで観察すると雌器托がぽっこりと顔を出していました。秋ですね~。
ここで受精卵が作られて、春になると柄をのばしてキノコのような形になり、胞子を飛ばします。
春もぜひ見てみたいですね。

ちなみにジャゴケはちぎると(ちょこっとね)マツタケのような香りがします。
目と鼻でわずかな秋をお楽しみください。

(担当:こりん)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ