Nature Information

旬の自然情報BLOG

秋と冬の境界

秋と冬の境界

, コメント (0)

地球は時速1,600kmで回転していて、時速108,000kmで太陽の周りをまわっているそうです。

私達も1秒後には全然違う場所にいるはずなのですが、その自覚はありません。

ただ季節の移ろいを見ると、ああ、やはり地球は動いているのだと実感します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山が白くなり、カラマツが黄色くなった葉を散らしている。

 

 

 

 

 

 

 

金色の絨毯にカラマツの実が落ちている。

 

 

 

 

 

 

ツルウメモドキの赤い実が風に揺れている。

日暮れが毎日早くなる。

冬が一歩一歩近づいている。

生き物たちはこれから長い冬が来ることを知っています。でも冬を耐え忍んだ先に春が来ることも知っています。

 

(担当:ノセ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ