Nature Information

旬の自然情報BLOG

オオワシをのぞく時、オオワシもまたこちらをのぞいている

オオワシをのぞく時、オオワシもまたこちらをのぞいている

コメント (0)

知床の河川沿いでオオワシが見られるようになりました。

まだ河川にシロザケが残っているため、それを食べに集まってきているのでしょう。

この時は河畔林にオオワシ8羽、オジロワシ1羽を確認することができました。

ワシなどの猛禽類は非常に視力がよく、イヌワシなどは1000m先の獲物が見えると言われています。

そのためワシは人の存在にはすぐに気がつき、少し変な動きをするとすぐさま飛び去ってしまいます。

この時は道路から2000mm相当の望遠カメラを使って撮ったので、ワシの方もあまり気にしなかったようです。しかし道路から外れて近づけば逃げてしまうでしょう。

オオワシはユーラシア大陸から越冬のために日本に来訪する渡り鳥。数ヶ月の間ですがまぎれもなく日本の鳥です。彼らが無事に冬を越し、春になったら故郷に戻れるよう見守りたいですね。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ