Nature Information

旬の自然情報BLOG

3Dフットプリント

3Dフットプリント

, コメント (0)

フレペの滝に行く途中、雪の上に奇妙なものが見られました。

おそらくキツネの足跡(フットプリント)ですが、立体的に残ってます。

これは風紋とかシュカブラとか呼ばれるものです。

動物や人が雪の上を歩くとそこだけ圧雪され固まります。そこに強い風が吹いて周りの雪が飛ばされると、足跡の部分だけが残るというわけです。

どうやら最近フレペの滝では強い風が吹いたようですね。

この足跡からその様子がうかがえました。

滝の展望台では冷たく強い風が吹いており、滝も凍っていました。

(担当:ノセ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ