Nature Information

旬の自然情報BLOG

小さいけど鷹

小さいけど鷹

コメント (2)

今日は住宅の庭で死んでいたという鳥を引き取りました。

ツミという小型のタカでした(※)。

どうやら窓への衝突で死んでしまったようです。

窓ガラスに鳥がぶつかることはよくあり、軽い脳震盪ですむ場合もあれば首の骨が折れてしまうこともあります。今回は当たり所が悪くてそのまま死んでしまったようです。

ツミはハトよりもやや小さいくらいのタカ科の猛禽で、日本に広く分布しています。体色からメスと判断されました。

体重はわずか148グラム。しかし小さいけれどもやはり猛禽。この鋭い爪で小鳥を襲って捕食します。

強く押せば皮膚に刺さるくらい鋭いです。

知床ではオジロワシやオオワシといった大型の猛禽が目立ちますが、ツミような小型猛禽も生息しています。生きている姿に会いたかったですね。

(担当:ノセ)

 

※追伸

非常に小型だったので最初ツミだと思われましたが、ツミは夏鳥であるためハイタカのオスではないか、という見解になりました。紛らわしい記述をして申し訳ありません。

 

コメント 2件

  1. said: 斜里町ファン on
    都会ではメジロが窓ガラスに衝突してしまいます。大きな窓のあるところで、鷹の絵を貼ってあるのをみかけます。鳥の衝突が多い時には一手ですよね。
    • said: スタッフ on
      こちらの建物でもときどき窓ガラスに小鳥がぶつかってしまうので、ワシの写真をくりぬいて貼り付けてあります。
      効果のほどはよく分かりませんが、とりあえずのところ再発はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ