Nature Information

旬の自然情報BLOG

お辞儀をする鳥

お辞儀をする鳥

, コメント (0)

最近、斜里からウトロにかけての沿岸にウミアイサの群れが見られるようになりました。

ウミアイサはカモ目カモ科の水鳥で、日本では冬鳥です。水中に潜って小魚などを食べます。

アイサは漢字では『秋沙』と書きますが、もともと『あきさ』だったのが『あいさ』に変わったと言われています。

ウミアイサ(左下)とカワアイサ(上)

似た種類としてカワアイサがいますが、ウミアイサの方が小柄で頭がボサボサしているのが特徴です。頭が深緑色なのがオス、茶色っぽいのがメスです。

しばらく見てみると、オスがしきりにお辞儀するようなポーズをしていました。

姿勢を正して

深々とお辞儀。

どうやらこれは求愛のダンスのようです。ウミアイサはこれからユーラシア大陸の方へ戻って繁殖するので、今のうちにパートナーを探しておきたいところなのでしょう。

春は鳥にとって恋の季節。アオハルですね。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ