Nature Information

旬の自然情報BLOG

旅の仲間

旅の仲間

, コメント (0)

斜里町でマガンの飛来を確認しました。

オオヒシクイとの混群で、数十羽の群れでした。

手前の小型で嘴の付け根が白いのがマガン、嘴が黒っぽくて大型のがオオヒシクイです。

比較してみるとオオヒシクイの方が結構大きいことが分かります。

マガンやオオヒシクイは冬鳥として本州に飛来し、春になるとユーラシア大陸に戻り繁殖します。

斜里町はその旅の通過点であり、羽を休める場所というわけです。斜里町ではオオヒシクイの割合が多く、マガンは少数派のようです。

最近のニュースでは、美唄市の宮島沼で数万羽のマガンが集結したと伝えられています。

斜里町のマガンは別ルートで北上する群れなのかもしれません。

このマガンとオオヒシクイが一緒に旅をしているのか、たまたまここで出会ったのかは分かりませんが、種の異なる生き物が争いなく共に過ごしている姿を見ると、なんとなく心が和みます。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ