Nature Information

旬の自然情報BLOG

水上のゆりかご

水上のゆりかご

, コメント (0)

先日、知床五湖の湖上でカイツブリを見つけました。

カイツブリはカイツブリ目カイツブリ科の水鳥で、潜って魚や水生昆虫など水生生物を捕食します。

カイツブリのカップルが水草を運んだりして水上に浮く巣を作っていました。

よーく拡大して見ると、浮いた巣の上に白い卵があるではありませんか。

1羽が卵の上に慎重に腰を下ろし、卵を温め始めました。

カイツブリは卵がかえってしばらくするとヒナを背中に乗せて泳ぐようになります。早く親子のカイツブリの姿を見たいものです。

※望遠カメラで遊歩道から撮影しています。

鳥は卵を産みヒナを育てるために巣を作りますが、一度卵を産んでしまうと卵やヒナを移動することができなくなります。そのため親鳥がストレスを感じると巣に戻らなくなったり営巣を放棄したりして、卵やヒナが育たなくなることがあります。野鳥の観察や撮影は十分に離れた場所から静かに行いましょう。

(担当:ノセ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ