Nature Information

旬の自然情報BLOG

春のもふもふ

春のもふもふ

コメント (0)

 

先日、

自分がシカになって知床岬まで行く夢を見た新人です。

知床にきてまだ約1か月。

知床での生活は毎日が新鮮です。

ここ最近の先輩たちの話題は山菜採り。

私は春に山菜を採りに行くという習慣が今まで無かったものですから、興味深々で話に耳を立て、早速先輩たちのマネをしようと休日にギョウジャニンニク探しのお散歩に出ました。

 

歩いていると、、

おっ。

ギョウジャニンニクではなく

春のもふもふが日向ぼっこしていました。

皆さんは見つけられますか?

驚かさないように、ゆっくり近づいてみると、、、

いました、いました。

ビロードツリアブさんです。

可愛らしい「ビロード」のようにふわふわな体、

空中で停止して飛んでいる(ホバリング)姿がまるで、

見えない糸でつられている様に見えることから「ツリアブ」

2つの特徴が『ビロードツリアブ』と名前の由来にもなっているようです。

この日は時より吹く強風のせいか、

あまりホバリングはせずに地面でおとなしくしていてくれたのでじっくり観察できました。

この子をよく観てみると複眼の上部がくっついているのでどうやらオスのようです。

離れているとメスです。

ちなみに個人的にメスの顔の方が好みです。

 

早春から姿を現してくれ、特徴的な長い口吻で花の蜜を吸います。

アブですが吸血性はないので、怖がることはありません。

この時期はエゾエンゴサクの蜜でも吸っているのでしょうか。

美味しいのかな?

山菜だけでなく、こうした小さな生き物たちからも春を感じます。

これからもっと賑やかになってゆく知床が楽しみです。

ビロードツリアブさんにばかり目がいっていましたが、

観察を終え腰を伸ばしあたりを見渡してみるとエゾエンゴサクやイラクサ

そしてお目当てのギョウジャニンニクが生えていました。

これか、これかと

葉をもみもみして嗅いでみると

おわっ!

ニンニクの強い匂いに驚き!

匂いを嗅いだ途端、お腹も空いてきました。

少しばかりを採らせていただきウキウキで家路につきました。

次はお散歩ではなく、本格的に山菜採りに行ってみようと思います。

きっとそこでも新しい発見や面白い出会いが待っていることでしょう。

(そのだ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ