Nature Information

旬の自然情報BLOG

愛くるしいまんまるフォルム

愛くるしいまんまるフォルム

コメント (0)

「丸」という形はどこか人を惹きつける魅力があるような気がしている新人のぽんです。

 

 

先日の良く晴れた日にペレケ川を歩いていたら、「ビビッ!ビビッ!」と鳴きながら水面すれすれを駆け抜けていくカワガラスたちと出会いました。

 

どうやらご飯中のようでした。

 

狙ってますね。

狙いを定めてうまく水生昆虫を捕れたようです。

 

 

おや、こちらはカワガラスの幼鳥のようです。

まだ白いふさふさとした羽毛のなごりが少し見れますね。

 

ひとり立ちしたばかりなのでしょうか。

水面をじーっと見ています。

見てます…ひたすらに見ています…水生昆虫より水面に映る自分の姿を見ているようにも思えます。

このあとずぶっと水中に顔を突っ込み、上手に水生昆虫を捕っておりました。

 

潜水して水中を泳いだり、時には水底を歩き水生昆虫や稚魚を捕らえ生活をしているカワガラス。

 

当たり前なのかもしれませんが、水中に潜り、上手に水生昆虫を捕らえる姿に思わず「おお~」と唸ってしまいました。

 

 

その後、陸地にて翼をパパッ!と開閉していたのですが翼を乾かしているのでしょうか。

この幼鳥の丸いフォルムも相まって、なんとも言えない可愛らしさがあります。

どやどやっ!

 

 

 

カワガラスと同じく川沿いで生活をするキセキレイもいらっしゃいました。

鳥の中でも私はセキレイ科が好きです。

丸いフォルムと長い尾をふりふりさせながら歩く姿を見るとうっとりしてしまいます。

喉からお腹にかけての綺麗な黄色の体毛はキセキレイの名の元になっているらしいのですが、本当に綺麗で鮮やかな黄色です。

 

キセキレイもなかなかに愛らしいまんまるフォルムです。

 

 

キセキレイも水辺を歩きながら水生昆虫をパクっとご飯中でした。

 

 

カワガラスがキセキレイに接近するような動きがあり、思わず「わっ!」とドキドキしたのですが、様子を見ていると互いに干渉せずマイペースに水生昆虫を探していたようです。

 

 

「丸」という形は人を惹きつける魅力と守りたくなるような愛らしさがあるのではないかと、私は思っています。

 

同じ川辺で暮らすまんまるフォルムのカワガラスとキセキレイ。

 

これからもこの場所でのんびりと暮らしてくれたら嬉しいなと思いながらそっと見守るのでした。

 

 

 

 

 

(ぽん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ