Nature Information

旬の自然情報BLOG

誰の仕業?

誰の仕業?

, コメント (0)

 

 クマゲラの穿った穴を覗くと。中にはオオバボダイジュの種子ばかり、たくさん!
誰がやったのか・・、わかりません。ネズミ?リス?カケス?・・。別の穴には葉のついたまま入っているものも!

 

RIMG5041 RIMG4927
球形の種子だけがたくさん詰め込まれていました。   葉のついたまま詰め込まれている穴も。
RIMG4949 RIMG4928
今年の種子は粒が大きく感じるのは気のせい?

オオバボダイジュの種子は竹とんぼのようにくるくる回りながら落ちてきます。

 

 オオバボダイジュ以外にも、ドングリが入っていたり、落ち葉がたくさん入っていたり。オオバボダイジュやドングリは誰かが食糧庫にしたのでしょうが、落ち葉の中からはカサコソ、カサコソ音が。ちらちらシッポが見えてヒメネズミの寝床のようです。

RIMG4890 RIMG4904s
ドングリ一粒。 ヒメネズミの寝床

 職業柄、森を散策していて樹洞があると「何かいないかな?」とついつい覗き込んでしまいます。今となれば笑い話ですが、穴を覗き込むとそこはオオスズメバチの巣で命からがら逃げたこともありました。でも、今の季節ならスズメバチの心配もありません。樹洞ウォッチングは森歩きの楽しみの一つになりますよ(担当増田)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の記事一覧

ページトップへ